肌の悩みを軽減したければ、クレンジングを見直そう!

皆さん、肌のケアで一番重要なことってなんだと思いますか?
私はズバリ、クレンジングだと考えています。
若い頃の私はメイクをすること、つまりメイクアップの知識や実践ばかりを気にしていました。あそこのアイシャドウが可愛いだの、あのマスカラが盛れるだの…
しかし、友人と「クレンジングってどうしてる?」という話をしているときに自分のクレンジング方法の杜撰さに気付かされました。

チェルラーブリリオの効果はどう?私の口コミ体験談を本音の評価でお届けします!

クレンジングをしないで寝ると汚い雑巾を顔に乗せたまま寝ているのと同じ。なんて話も聞きました。
これではいけない!と思い、そこからクレンジングについて色々調べるようになりました。
そしてクレンジングは、自分の肌の悩みを解決してくれる近道であることを知りました。

私の肌の悩みは「毛穴の黒ずみ」でした。そこから、毛穴の黒ずみをすっきりさせてくれる商品をいくつも試しました。
自分の肌の悩みを解決してくれるものを探すのはとても楽しかったです。
クレンジング一つをとっても、製品によりテクスチャー、香り、効果、洗い上がりの感覚などが一つ一つ違い、本当に化粧品の凄さを感じました。

友人と情報交換しながら自分に合うものを見つけるのも一つの手です。
人それぞれ肌の悩みは違えど、あの製品がどうであったかなどの情報交換は面白いものです。
皆さん、今一度クレンジングを見直して楽しく肌のお悩みを改善していけるといいですね!

口元のたるみが年齢を表してしまう

もうすぐ50歳になる私が、気になっていることは、口元のたるみです。

ライスビギンの効果を辛口評価!私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

最近では、外出する時には、必ずマスクをしていますが、口元を隠していないと、すぐに40代だとばれてしまいます。

それが、口元をマスクで隠していたら、10歳、20歳と若く見られるのですが、マスクをしていなくても、10歳、20歳若く見られたいので、エイジングケアに励んでいます。

口元が老けてみえるのは、口周りの頬がこけてきたことが考えられます。

口周りがふっくらしていたら、ぴちぴちに見えるので、口周りがたるんだり、こけたりしないようにと、気が付いた時には、にっこりした表情を作って、口角を上げる練習をしています。

一人で誰もいない時でも、にっこりするのは、抵抗がありますが、口角が下がってきたら、加齢のサインなので、老けて見られないためにも努力をしています。

ほうれい線は、なんとか目立たないようにケアできたのですが、口角を上げようとすると、ほうれい線のようなしわが現れます。

それだけ、頬の肉が薄くなっているのでしょう。

若く見せるためにと、ヒアルロン酸の注射を打つ人もいるようですが、私はできるだけ自然な方法でエイジングケアをしていきたいと願っています。

こけていく頬をふっくらさせるような、家庭用美顔器がないかな?と探しているのでした。

超敏感肌の悩み

30代、女性。

平日ほぼ2人の子育てを一人でしています。

http://www.etrackmedia.com/

少しアトピー持ちで、超敏感肌です。

思春期はアトピーに加え、ニキビに悩まされ続けてきました。

大人になっても夜勤があったりして、生理前は特に吹き出物で悩まされてきました。

今は昔より肌も安定してきたものの、本来ならば触ってはいけない吹き出物を放置すると、芯が肌の中に白い粒のように残って取れなくなることが多く悩んでます。

どうしても目立つ部位は気になって触ってしまうため、シミになってしまった箇所もあるのが悩みです。

まだまだ子供も小さいので自分にかける時間も十分になく、ほぼ専業主婦なのでお金もかけられないため、洗顔はW洗顔不要のジェルタイプのメイク落とし洗顔を使用し、お手頃価格のシートパックを入浴後に使用し子供たちの湯あげのケアをしています。

シミも気になっているので、こちらは通販でオールインワンの美白ケアジェルを木になる箇所に塗って対応しています。

まだまだ結果としてはっきり出ていませんが、昔より肌の調子は少しずつ良くなったと思います。

あとは、美容雑誌やネット情報を読んで、自分でフェイシャルマッサージをしています。

年齢と共に今後も弱っていくところなので、年齢を感じさせない肌になれるようできる範囲でのより良いケアをしていきたいなと思ってます。

美肌の大敵!!私の行っている冬の乾燥対策

こんにちは。

本格的に冬になり、寒い日が続いています。

寒くなると、たくさんの悩みがありますが、その中の一つに“お肌の乾燥”があるのではないでしょうか。

乾燥すると、肌がカサカサして不快…だけでなく、しわができやすくなってしまったり、くすみの原因になったり老けて見えやすくなったりと、とにかくお肌に悪いことばかりなんです。

少しでも改善して、うるうる潤ったお肌で冬を乗り越えたいですよね!

今回は、そのイヤーなお肌の乾燥を改善するために、私が行っている対策法などを書いていきたいと思います。

まず、これをやってしまうと乾燥が進んでしまうので、私が控えていることから紹介します。

① 寒いからといって、温かいお湯で顔を洗わない。

お湯は水よりも洗浄力が強く、必要な皮脂まで取れてしまいやすいため、乾燥が進んでしまいます。

ベストは少し冷たいと感じるぐらいのぬるま湯です。

②朝は、洗顔料を使わない。

これは肌質にもよると思いますが、私のような乾燥肌は、朝洗顔料を使って洗顔すると、その後の肌の調子が悪いです。

これも先ほどのお湯と同じで、必要な皮脂まで取れてしまいやすいからです。

お水か、ホットタオルで洗顔を行っています。

③冬でも、日焼け止めは使う。

冬でも紫外線はあります。

冬だから紫外線なんて少ないでしょ…と油断してしまうと、うっかり紫外線を浴びて乾燥の原因になってしまいます。

次に、私が行っている対策法をご紹介する。

ビューティーオープナージェルは販売店で市販されている?購入して使用した効果と私の口コミ

①しっかり寝る。食べる。

基本中の基本ですが、大事なことです。

しっかり寝ないと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンの分泌量が減り、肌本来の保湿力が低下してしまいます。

②お水をたくさん飲む。

外から入れ込む水分だけでなく、体の中からの水分も増えるように、たくさんお水を飲んでいます。

④コットンパックをする。

3日に1回、手持ちの化粧水をコットンに染み込ませ、5分ほどパックをしています。

⑤セラミドケア

肌の中のセラミドが不足すると、肌の水分を蒸発を防ぐ機能が低下してしまいます。

プチプラの化粧水なんかでもセラミド入りのものはあるので、たっぷりジャバジャバ使っています。

⑥乾燥だけでなく、肌荒れも起きてしまってしまっている時は、なるべくシンプルなスキンケアを心掛ける。

メイクしている時間を減らす。シンプルな洗顔料や化粧水を使う。

私が行っているのは以上です!

すぐに試せるものばかりなので、ぜひ皆さんも試してみてください!

油断大敵!冬到来?!

今年は、秋が来たのか分からないくらいに長い夏だった気がする。。私だけでしょうか?http://www.ispim-connects-ottawa.com/

とはいえ、段々と気温はやっぱり下がってきてます。朝起きた瞬間から喉がイガイガするなって思う時は、やっぱり肌もカサカサしちゃってます…

私は、ベタベタするから、あまり保湿クリームが好きでは無いのだけれど、朝の忙しい時間に化粧がうまくいかないと余計な時間がかかってしまうので、冬の乾燥する時期は嫌いなクリームも塗って寝る様にしています!

そこで見つけたのが、ハトムギ ボディークリーム!!スーッと肌に入り込んでいく感じで、ベタベタ感もすぐに無くなります!肌に馴染んだ後は、サラサラしていて自分の肌だと思えない様なサラッモチッ!って感じです(文字で表すのが難しい。。。)

誰でも気軽に買えるお値段で、使い勝手が良いので冬は大助かり♪朝の、化粧ノリも最高です!

ハトムギシリーズは、化粧水もボディークリームもあるので、春夏秋冬オールシーズン使えそうです。

普段日頃から、肌ケアをサボってしっまう様な私だけど、流石に乾燥シーズンだけでもせめて対策していこうと思いました。

昔は、肌のことなんて何にも考えなくて良かったのになぁー…年齢のせいなのか、冬の寒さのせいなのか。。。

今年の冬も、乾燥に負けない様に肌ケア頑張っていきたいと思います!!

目の下のクマとたるみに悩んでます

目の下のクマとたるみが気になっています。

効果あり?ラントゥルースの口コミから解約方法までを完全レビュー!

もともと皮膚が薄いのか、シミやらクマが目立ちやすい肌質なんですが、年齢とともにだんだんひどくなり、たるみも相まって鏡を見るのが辛くなってきてしまいました。
クマはいわゆる「茶クマ」です。

色素沈着が原因のようで、これはどうやっても薄くするのが難しいそうです。
目を掻かないようにする・クレンジングのとき肌をこすらないようにする等の対策で、これ以上ひどくしない努力はできるんですが、今既に出来ているクマを薄くするのは大変らしいです。

ちょうどクマが出来ているところに、ライン上に皮膚がたるんでいて、具合が悪そうな顔に見えてしまうのがとても嫌です。
たるみも肌の摩擦等を避けて、保湿をきっちりすることで軽減できると思うのですが、年齢を重ねるとなかなか対処が難しいですね。

一応、コラーゲンを摂取したり、ハリを与えるアスタキサンチン配合のスキンケア製品を使ってみたりして、なんとか悪化しないように気を付けています。
クマやたるみがあるとそれだけで一気に老けた印象になるので、出来る限りひどくならないようにケアしていく必要がありそうです。

芸能人やモデルの方はおばさんになっても肌がきれいな人が多いですが、どうしたらああなるのでしょうか。
私も日々のスキンケアをコツコツ頑張って、若々しさを保てるように努力していきたいです。

20歳を過ぎて“大人ニキビ“が治らない

現在23歳の私のお肌の悩みは大人ニキビです。学生時代はニキビができる箇所とすれば、小鼻周りやおでこが多かったのですが、20歳を超えて顎に大人ニキビができることが多くなりました。趣味はスキンケアと言えるほど、普段スキンケアには人並み以上に気を遣っています。

毎日帰宅をしてすぐに入念なクレンジングをして化粧汚れを落とし、導入美容液・化粧水・美容液・パック・保湿クリームのルーティンでスキンケアをしています。そのおかげか、おでこや頬まわりは肌荒れ知らずでスッピンでも外を歩けるくらいなのですが、顎にだけ常に大人ニキビができてしまいます。

治った頃に新しいニキビができるので顎に肌トラブルが全くないということがありません。なぜ毎回顎にニキビができるのか、ネットなどで調べたら顎周りのニキビは“食生活の乱れ“が原因というのを目にしました。

確かに社会人になって生活リズムが不規則になり食事を取る時間が毎日バラバラだったり、仕事の休憩中に急いで食べるためファストフードになってしまったりと思い当たる節はたくさんあります。しかし、仕事が多忙なこともあり毎回バランスの取れた食事を取ることは難しく悩んでいます。大人ニキビに即効性のある薬がないかと探す日々です。

「結局は保湿が一番」と知るの巻

若い頃はおばさんはシワやシミで大変だなと思っていて、肌のトラブルに関しては全くの他人事だった。大学入学と共に田舎から東京に移り住んだときには、水が合わなかったからか一時期アトピーが酷くなって困ったことはあった。様々な対策をして都会にも慣れ、年齢を重ねてくるうちにアトピーの症状は無くなったのだけれど、敏感で乾燥肌というのは変わらなかった。

そのうち中年になるにつれ体重が増加すると、乾燥肌にオイリーさが追加され、見事な混合肌になった。あれほど乾燥に悩んでベタベタのテクスチャーのものを使用していた自分がまさか脂に悩むとは思っておらずに、今までのお手入れが通用しない時期を過ごした。

ある時、馴染みの美容師さんに「お客さんで馬油を使っている人がいて、シャンプーのときにおでこがツルツルだった…。」という話しを教えてもらった。

それなら簡単に真似できるなと感じた私は、さっそく馬油を購入。それからはもう何年になるか分からないくらい続けていてかなり調子がいい。馬油はいつの間にかヴァセリンに変わっているのだけれど、効果はほぼ同じで結局、乾燥肌だろうと混合肌だろうとちょっとベタベタするなと感じながらも保湿をしっかりすることが美肌への道なのだなとつくづく思う。

私に馬油を教えてくれて美容師さんは、私に伝えたことを忘れているようで、「本当に肌変わらないてすね。何を使っているのですか?」と聞いてきたりする。自分だけでなく、第三者も認める肌になれました。オススメです。

乾燥肌の対策方法とは?

乾燥肌は、肌が十分な水分を肌に行き通っていないときに発生しますので、肌の潤いを保つことで改善につながります。

皮膚細胞に水分を補給し、湿気を閉じ込める保湿剤は乾燥肌対策の最初です。

保湿剤は厚くて油っこいほど効果的と友達から聞きました。

最も効果的で最も安価なものは、ワセリンとココナッツオイルやアルガンオイルです。 これらは水分を含まないため、入浴直後で肌が湿っている状態での使うのに一番いいのです。

個人差はありますが、湯船に入る時のお湯とシャワー、どちらも40度にしています。

熱いお湯は皮膚の油分を剥ぎ取ってしまうというのを聞いてから40度に下げるようにしました。

以前は41~42度だったのですが、40度に下げるようにしてからお風呂上がりの肌のつっぱり感がやわらいだ感じがします。

温度調節も大事ですので自分のあった温度調節をして下さい。

乾燥肌は敏感肌につながるのです。

シャツやズボンが直接肌をこすらないようにするために肌着を着るようにしたほうがいいと思います。

大事なことなので何度も言いますが、痒みが治まらず、かいてしまいますので、皮膚が傷つくほど症状がひどくなる前に皮膚科を受診しましょう。早めの受診が治りもよくします。

自分で言うのもなんだが青白くて虚弱体質に見える

皮膚が薄い、色が薄いと聞くと大抵の人は「色白は七難隠すっていうしいいね?」なんて気軽に褒めてくれる。

正直嬉しいがこちらの苦労は全くわかっていない(当たり前だけど)

皮膚が薄いとまず血管が透けて見える。ある程度ならばきれいに見えるだろうけど、私も場合は毛細血管まで見えるから

自分で言うのもなんだが青白くて虚弱体質に見える。

化粧も大抵の人ならばきれいに発色するはずの色がくすんで見える。

さらには皮膚が薄い人の共通として(自分調べ)肌がきめ細かいと言うのは利点だが、かなり皮膚が弱い。

アトピー体質か、極度の乾燥肌なのである。つまりシミやそばかすが他人よりもできやすい。

とりあえず肌のメンテナンスが大変で、化粧水はアルコールのものは使用できないしファンデーションも塗ればぶつぶつができて

全然きれいにならない。

洗顔フォームだってよく落ちるやつは、皮膚が乾燥でガサガサになりニベアやオイルをすぐに補充しないと、粉が吹いてくる。

いまだに使用しているのが牛乳石鹸。

また、紫外線にめっぽう弱くすぐに赤くなり痒くなったり、ぶつぶつができたりするのだ。

かと言って強度の高い日焼けどめは肌を壊す。なので夏場は常時長袖、そしてサングラスとマスクというかなり怪しい格好で

外出しなければならない。

一度でいいから海やプールにはしゃいで行ってみたいものである…