子どもの口臭を軽減するコツ

我が家には小学校高学年の女の子がいるのですが、最近「口の臭いが気になる」と訴えるようになりました。

確かに、娘と顔を近づけて話すと「口臭が強いなぁ…」と親の私も思っていたところでした。

そこでまず、娘の口の中の状態や普段の様子を確認しました。すると以下のことが分かりました。

・舌の表面全体が白い。舌苔というものがこびり付いている。

・永久歯である奥歯1本が「程度は軽いが治療を要する虫歯」だった。

・口呼吸になっていることが多い。

一般的に「舌苔」は口臭の原因と言われていますよね。そして虫歯。

さらに口呼吸だと口腔内粘膜が乾燥し、雑菌が繁殖して臭いの原因となると言われています。

これらを踏まえて、まず行ったのは「虫歯の治療」。

虫歯が悪化すればこれも虫歯菌や雑菌の繁殖により臭いが増強しますので、最優先で行いました。

https://cleverstyle.xsrv.jp/bresmile-wash/

次に「正しい歯磨きの仕方を指導してもらう」こと。歯や口の中の汚れは臭いの原因になり得ます。

以下、歯科衛生士の方に歯磨き方法を教えていただきました。

①歯の噛み合わせる面を磨き、そのあと両側面を一本一本丁寧に小刻みに磨く。

②前歯は歯ブラシを縦に当て、歯と歯の隙間にも歯ブラシが行き届くように意識して磨く。

③磨いている時、歯と歯茎の境目にも歯ブラシを当て、歯茎を小刻みにマッサージするように動かす。

(歯茎の血流を改善し、歯茎の状態を良くする目的があるそうです。)

もちろん大前提として歯ブラシが広がってしまうほど強く押し当てるのはNGです。

歯の表面の溝や隙間にブラシ先端を入り込ませるようなイメージで磨くと良いそうです。

そしてうがい!いつも少量の水で2回くらいしかうがいをしていませんでしたが、しっかり水を口に含んだら10回程口の中でブクブクして、5回はうがいを行うこと。

そうすると、残った歯の汚れを洗い流すことにつながるそうです。

あと必ず鏡を使うこと!磨いている部位がしっかり確認できますし、歯磨きをしているという意識も高まります。

仕上げに、朝1回のみ舌ブラシでの舌苔除去。今は子供の舌にも負担がかかりにくい、優しい構造のものが売っていますのでそれを使用しました。

そしてなるべく鼻呼吸をするよう促すこと。口呼吸していることに気づいたら、子どもに「鼻で呼吸してね」とその都度促しました。

これらを行って2~3日で口臭がだいぶ軽減しました。ちなみに歯磨き粉は特に使用していません。

どうぞ一度お試しあれ!

口臭を消すコツは歯ブラシや歯の磨き方が重要!?

朝起きると自分の口臭がひどい時があります。

コロナで歯医者に行くのも躊躇していましたが、逆に今のうちに行くのがチャンスと思い口臭についても伺いました。

ブレスマイルウォッシュ

口臭の原因のひとつに口の中の食べ物のカスが残っていることがあげられるようです。

自分では5分間ほど念入りに歯磨きをしていたつもりですが、使う歯ブラシや歯の磨き方によっては口臭を抑えられるそうです。

まず歯ブラシは1本ではなく、2本使った方が良いと言われました。

普段一般的に使われているような歯ブラシとタフト歯ブラシと呼ばれる2本使いが良いそうです。

普通の歯ブラシの形は、歯ブラシの先だけが山形になっているルシェロ歯ブラシを歯医者で購入しました。

タフト歯ブラシというものは、毛の束が1本になっているタイプで歯の間や歯と歯肉の間が磨きやすくなっています。

この2本の両使いでゴミのカスを取り除きやすくします。

磨き方は、まず普通の歯ブラシで磨いていきます。そのまま舌も数回普通の歯ブラシで軽くこするようなイメージで磨きます。

その後、タフト歯ブラシを使って、通常の歯ブラシでは届かないような一番奥の歯の裏面や歯と歯の間を丁寧に磨いていきます。

私の下の歯で1か所歯並びが悪い部分があるので、そのような部分に食べ物のカスが残りやすいと言われていたのでタフト歯ブラシで鏡を見ながら磨きます。

手鏡で見ながら歯を磨くことで1本ずつ丁寧に磨けます。

さらに、歯間ブラシやフロスを使って歯の隙間の細かいカスも取り除きます。

できれば夜の歯磨きの後に毎日した方が良いと言われましたが、毎日するのは大変です!!

ですが、歯ブラシや歯磨きの仕方を変えたことで感覚的ではありますが、マスクをしている時に自分の口臭が臭いかも?というのが無くなりました。

歯医者によっては口臭検査をしているところもありますし、検査で口臭の原因がわかり対処方法も変わるようですので、口臭が気になる場合は一度歯医者で相談すると良いでしょう。

舌と歯石と口臭の関係

ある時、自分の口臭が少し気になっていたことがあったのですが、その時はとにかく口臭予防系の洗浄液で口を洗う回数を増やしました。http://www.caphartsnaum.com/

ですが、臭いは全く取れず、気になってネットで情報を調べたところ、舌の上に出来る舌苔(ぜったい)という汚れが付着していることによって口臭が現れると言う情報を得ました。そこで、使っている歯ブラシで優しく舌を撫でることを歯磨きの度に行ったところ、臭いがやや減少していきました。しかし、まだ臭いは完璧には取れず、さらに口臭の原因について調べたところ、歯石が原因の一つと言う話を目にしました。そこで、久しぶりに歯科医院まで行き歯石取りを行ってもらったのですが、それによって初めて口臭が無くなりました。

そこからは3ヶ月に一回、必ず歯科医院に行って歯石を取ってもらい、クリーニングをする習慣をつけ始めました。

また、舌の掃除に関しては、上顎のザラザラした部分に時折、舌を擦り付けることを行い始めました。それだけでも舌苔がとれ始めるようです。また、舌はデリケートな器官のため、できれば舌磨き専用の歯ブラシで優しく、2?3回往復して磨くだけで良いようです。自分は普通の歯ブラシで行ってしまっていますが、なるべく柔らかい歯ブラシで優しくシュッシュッと2回ほど磨いて終わりしにしています。

ガムが結構効果ありでした

私は30年間以上もの間、口臭に悩み続けている55歳の男性です。もともと、面倒くさがり屋で、毎日の歯磨きを1分くらいしかしないのがダメなんじゃないかと思っていました。若い頃は、短時間の歯磨きが当たり前だと思っていましたが、結婚した時に妻から「もう歯磨き終わりなの?」と言われて、世間ではこんなに長い時間歯磨きをするものなのだと初めて知りました。でも、私は、その事実を知っても歯磨きの時間を長くすることはありませんでした。

http://tabikyo.heavy.jp/

もともと、口臭がキツくなり始めた要因は、成人してから始めたお酒とタバコだと思います。特にお酒は体の内側から匂いを発するようで、口臭だけでなく体臭も悪くなってしまった気がしています。タバコも同様ですね。私なりに周囲に迷惑をかけないように口臭対策をしていますが、一番効果的なのはガムを噛むことのようです。ガムを噛むことで口の中がガムの香りになりますし、咀嚼することで唾液が新鮮になり口内環境も整うようです。

ガムを噛む習慣を身につけてからは、虫歯にもなりにくくなった気がしています。また、モンダミンなども短時間ではありますがある程度の効果を実感できました。サプリメントを試したことがありますが、サプリは全く効き目がありませんでした。

講習の原因は様々ですよね

口臭ってなんで無くならないんでしょうかね。http://www.lagencesentinel.com/

一生懸命に歯磨きをして、これで完璧だと思って生活していると、数時間後何も食べていないのに自分の口臭が気になる時ってありませんか?最近は1日中マスクをしているので、口臭を気にする必要性が無くなったと、少しだけ安心していたのですが、マスクを長時間つけることによって唾液の分泌量が減り、口の中の細菌が繁殖しやすくなって、逆に口臭が悪化してしまうらしいです。

最初聞いた時はとてもビックリしました。マスクを付けるだけで唾液の量が減るだなんて、信じられませんよね。これの解決方法としては、こまめに水分を補給する、飴やガムなどを食べて唾液が出てくるようにするなどの対処法があるらしいです。

そして、何も食べていないのに口臭が気になる原因は、歯磨きでしっかりと汚れが落としきれていない、内蔵の中から匂いが上がってきているなどの理由があるみたいです。歯磨きの件については、毎日の磨き方を工夫することで多少の改善は可能かと思いますが、内蔵の方から匂いが上がってきていた場合、かなり長期戦になりそうですね。

毎日の食生活を改善し、腸内環境を整える必要があるので、根気強く頑張ってみましょう。

こんなところも!?見落としがちな口臭の原因!

「マスクをしていると、自分の口が臭う気がする」

コロナ禍でマスクを着けて過ごすことが多くなった今、お口の臭いが気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

口臭はマスクをすることで、会話の相手に不快な思いをさせることは少ないかもしれません。

でもマスクをつけるたび、自分から嫌な臭いがするのは嫌ですよね。

口臭の原因は大きく分けて5つに分けられます。

1口腔内のトラブルによるもの

歯周病やむし歯が原因で起こる口臭

2.全身疾患によるもの

鼻、のど、呼吸器や消化器の病気から起こる口臭

3.食べ物や嗜好品によるもの

ニンニクなど臭いの強い食べ物やたばこが原因で起こる口臭

4.生理的なもの

ホルモンバランスの乱れや、ストレスが原因で起こる口臭

5.心理的なもの

自分の口臭が過剰に気になってしまっているケース。

これらの中でも、特に‘口の中のトラブルによるもの‘が多くを割合を占めています!

そんなお口のトラブル、歯周病とむし歯。

原因はプラーク(歯垢)なんです。

プラークは食べかすと思われがちですが、実は細菌の塊です。

1mg(つまようじの先に少しつくくらい)のプラークの中には、細菌が約1憶個も存在しています。

この細菌が作り出す酸が歯を溶かしてむし歯になったり、歯茎を腫れさせて歯周病を進行させます。

さらにはこのプラーク自体も、硫化水素やメチルメルカプタンといった臭いの強いガスを作り出し、口臭の原因になることもあります。

評判以上!ブレスマイルウォッシュを購入して使った効果と口コミをレポートします!

口臭予防には、「プラークを口の中に残さないこと」が大切なんです。

「歯ブラシでしっかり歯を磨けばいいんでしょー!」と思った方、

実は歯磨きだけではプラークの61パーセントしか落とすことができないんです!

歯ブラシの当たらない、歯と歯の間に歯垢がたくさん残っているんです。

歯と歯の間のプラークを落とすには、フロスや歯間ブラシなどの歯間清掃具をプラスすることが大切です。

試しにフロスを通して、ついてきたプラークの臭いを嗅いでみてください。

結構臭います…笑

一日一回だけでも、歯ブラシにプラスしてこれらの清掃具を使うだけでも、プラークの除去率は格段に上がります。

さわやかな息のために、今日から是非、歯と歯の間を意識したお口のケア、始めて見てください。