講習の原因は様々ですよね

口臭ってなんで無くならないんでしょうかね。http://www.lagencesentinel.com/

一生懸命に歯磨きをして、これで完璧だと思って生活していると、数時間後何も食べていないのに自分の口臭が気になる時ってありませんか?最近は1日中マスクをしているので、口臭を気にする必要性が無くなったと、少しだけ安心していたのですが、マスクを長時間つけることによって唾液の分泌量が減り、口の中の細菌が繁殖しやすくなって、逆に口臭が悪化してしまうらしいです。

最初聞いた時はとてもビックリしました。マスクを付けるだけで唾液の量が減るだなんて、信じられませんよね。これの解決方法としては、こまめに水分を補給する、飴やガムなどを食べて唾液が出てくるようにするなどの対処法があるらしいです。

そして、何も食べていないのに口臭が気になる原因は、歯磨きでしっかりと汚れが落としきれていない、内蔵の中から匂いが上がってきているなどの理由があるみたいです。歯磨きの件については、毎日の磨き方を工夫することで多少の改善は可能かと思いますが、内蔵の方から匂いが上がってきていた場合、かなり長期戦になりそうですね。

毎日の食生活を改善し、腸内環境を整える必要があるので、根気強く頑張ってみましょう。

こんなところも!?見落としがちな口臭の原因!

「マスクをしていると、自分の口が臭う気がする」

コロナ禍でマスクを着けて過ごすことが多くなった今、お口の臭いが気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

口臭はマスクをすることで、会話の相手に不快な思いをさせることは少ないかもしれません。

でもマスクをつけるたび、自分から嫌な臭いがするのは嫌ですよね。

口臭の原因は大きく分けて5つに分けられます。

1口腔内のトラブルによるもの

歯周病やむし歯が原因で起こる口臭

2.全身疾患によるもの

鼻、のど、呼吸器や消化器の病気から起こる口臭

3.食べ物や嗜好品によるもの

ニンニクなど臭いの強い食べ物やたばこが原因で起こる口臭

4.生理的なもの

ホルモンバランスの乱れや、ストレスが原因で起こる口臭

5.心理的なもの

自分の口臭が過剰に気になってしまっているケース。

これらの中でも、特に‘口の中のトラブルによるもの‘が多くを割合を占めています!

そんなお口のトラブル、歯周病とむし歯。

原因はプラーク(歯垢)なんです。

プラークは食べかすと思われがちですが、実は細菌の塊です。

1mg(つまようじの先に少しつくくらい)のプラークの中には、細菌が約1憶個も存在しています。

この細菌が作り出す酸が歯を溶かしてむし歯になったり、歯茎を腫れさせて歯周病を進行させます。

さらにはこのプラーク自体も、硫化水素やメチルメルカプタンといった臭いの強いガスを作り出し、口臭の原因になることもあります。

評判以上!ブレスマイルウォッシュを購入して使った効果と口コミをレポートします!

口臭予防には、「プラークを口の中に残さないこと」が大切なんです。

「歯ブラシでしっかり歯を磨けばいいんでしょー!」と思った方、

実は歯磨きだけではプラークの61パーセントしか落とすことができないんです!

歯ブラシの当たらない、歯と歯の間に歯垢がたくさん残っているんです。

歯と歯の間のプラークを落とすには、フロスや歯間ブラシなどの歯間清掃具をプラスすることが大切です。

試しにフロスを通して、ついてきたプラークの臭いを嗅いでみてください。

結構臭います…笑

一日一回だけでも、歯ブラシにプラスしてこれらの清掃具を使うだけでも、プラークの除去率は格段に上がります。

さわやかな息のために、今日から是非、歯と歯の間を意識したお口のケア、始めて見てください。